自分が好きなことを仕事にしたいと思う人はたくさんいます。ただ生活のために働くのではなく、自分の趣味や娯楽も含めることになるので、より楽しさややりがいも感じることが出来のではないでしょうか。
たとえば、料理が好きでそれを仕事にしたいという人の場合を考えてみましょう。
まず最近では食育が流行っているので、フードコーディネーターを目指す人が増えています。フードコーディネーターとは雑誌やテレビで紹介するための料理を考えたり、食にまつわる原稿を執筆したりと食に関することをメディア媒体を通して伝えていくことが仕事になります。ただしこれは芸能人的要素やライターなどマスコミ関係に強くないと中々フードコーディネーターとして生計を立てるまでには至らないようです。
次に、料理講師・お菓子作り講師も人気です。料理講師は企業に勤める場合と個人で料理教室を開催する場合と分かれるようです。和食やフレンチ、イタリアンなど料理の系統に分かれるだけでなく、最近は子どもでも野菜が食べやすいようなレシピや、単身赴任などで1人で生活しなければならなくなったなど、料理を手早くしたい人向けなど、様々なジャンルの料理教室が出てきているので、自分の料理教室を繁盛させようとするなら自分なりのカラーを出していかないと人は集まりません。教室の雰囲気作りや目的に合ったレシピを考えられるかということも重要です。
また、料理のスキルや知識を就職に活かしたいとなるとやはり国家資格である管理栄養士が強いと思います。
好きなことを仕事にしたい場合は、自分の強みや将来的にどんなものを目指すかを明確にして考えるようにすると良いでしょう。